県議会議員選挙

宮城県議会議員選挙太白選挙区 開票結果速報2019 当選者・立候補者の情勢

本ページでは2019年10月27日に任期満了に伴い投開票となる宮城県議会議員選挙(宮城県議選)2019【太白区(太白選挙区)】の開票速報と開票結果についてご紹介しています。

宮城県議会議員選挙【太白区(太白選挙区)】の立候補者名一覧と党派別情勢、当選者と落選者の得票数、NHKの出口調査、投票率など随時記事を更新していきますので参考にしてください。

宮城県議会議員選挙【太白区(太白選挙区)】2019年の開票結果と開票速報・当選者・NHK出口調査速報

宮城県議会議員選挙【太白区(太白選挙区)】の開票結果は自治体による開票速報やNHKによる最新の出口調査が入り次第こちらに追記していきます。

氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
石田 一也51無所属元国会議員秘書
いしだ かずや
横山 昇52公明宮城県議会議員
よこやま のぼる
岸田 清実64社民宮城県議会議員
きしだ きよみ
角野 達也60共産宮城県議会議員
かどの たつや
佐々木 幸士47自民宮城県議会議員
ささき こうし
渡辺 拓43自民元仙台市議
わたなべ ひろし
  • 告示日:2019年10月18日
  • 投票日:2019年10月27日
  • 定数 / 候補者数:5 / 6
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:
  • 投票率:
  • 行政区:仙台市太白区

宮城県議会議員選挙【太白区(太白選挙区)】の立候補者一覧の党派別情勢

今回の宮城県議会議員選挙太白選挙区には、定数5に対して6人の立候補がありました。

党派別・新旧別の内訳は以下の通りです。

党派現職新人元職
自民党1102
公明党1001
共産党1001
社民党1001
無所属0101
4206

( )内は女性候補者数

 

現職4人、新人2人の戦いとなりました。党派別では、自民2、公明1、共産1、社民1、無所属1人で、全て男性候補です。

 

前回(2015年)は、定数5に対し6人が立候補し、自民1、公明1、民主1、共産1、社民1人が当選しました。最下位当選者の得票数は8,978票、次点は8,796票で、投票率は34.33%でした。

 

前々回(2011年)は、定数5に対し8人が立候補して激戦となり、自民1、公明1、民主1、共産1、社民1人が当選しました。最下位当選者の得票数は8,444票、次点は7,776票で、投票率は36.76%でした。

 

今回は、前回と同じく誰か1人が落選する少数激戦となりました。4人の現職の他に、立憲・国民推薦の無所属新人石田氏と2議席目を覗う自民新人の渡辺氏が残り1議席をめぐって激しく争う構図となりました。

両民主が強い地域だけに、前回トップ当選した民主党の議席を引き継ぐ石田氏が有利な情勢にあるといえるでしょう。

 

前回・前々回並みに30%半ば程度の投票率とすれば、当選ラインは9,000票前後になるものと予想されます。

前回(2015年)の宮城県議会議員選挙【太白区(太白選挙区)】の開票結果

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
11058藤原 範典68民主宮城県議会議員
ふじわら のりすけ
11044横山 昇48公明政党役員
よこやま のぼる
11029角野 達也56共産政党役員
かどの たつや
10865佐々木 幸士43自民宮城県議会議員
ささき こうし
8978岸田 清実60社民宮城県議会議員
きしだ きよみ
8796菊地 伸志46自民会社経営
きくち しんじ
  • 告示日:2015年10月16日
  • 投票日:2015年10月25日
  • 定数 / 候補者数:5 / 6
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:182,709人
  • 投票率:34.33%

宮城県【太白選挙区】の特徴や抱える課題

宮城県【太白選挙区】の特徴

宮城県仙台市太白(たいはく)区は、仙台市の南西部に位置し、名取川に沿って東西に帯状に広がった形状をしています。

太白区という区名は、太白星(金星)が落ちて出来上がったという伝説を持つ太白山に由来しています。太白山は、太白区役所の西方約6kmに位置しています。標高が321mとさほど大きな山ではありませんが、きれいな三角形のその姿は目を引き、古くから漁船の目印とされるなど、地域のシンボルとして親しまれてきました。

 

太白区は、仙台市の南の玄関口として仙台空港にも至近距離にあり、地下鉄では南北線の南の始発駅と、東西線の西の始発駅を有し、市内中心部へのアクセスに優れ、加えて東北本線や東北自動車道、仙台南部道路など交通の要衝としての地理的条件や、豊かな自然と歴史を活かしたバランスのとれたまちづくりを進めており、今後の発展が多いに期待されています。

 

面積は約230平方キロ、人口は約23万人で、JR長町駅周辺を中心とした仙台市南部の中心地である「南部拠点地域」、その南側一帯などで、JR南仙台駅周辺を中心に宅地化が進む平野部とその背後に優良農地が広がる「名取川右岸地域」、八木山をはじめとした丘陵部に住宅団地が連担する「丘陵住宅地域」、豊かな居住環境と山あいの緑と田園の残る「太白山周辺地域」、そして名取川の渓谷をはじめ豊かな自然と温泉に恵まれた「秋保地域」から成ります。

 

特に、2016年5月にG7財務大臣・中央銀行総裁会議が開催された「秋保地域」では、国内外で観光地としての知名度が高まり、今後一層の観光客の増加が期待されています。

また、「丘陵住宅地域」に位置する区内唯一の地下鉄東西線の駅「八木山動物公園駅」の開業を契機として、その周辺では地域・地元団体と行政が一体となった市民協働によるまちづくりが進められています。

 

また、区内には仙台市内の4割を超える埋蔵文化財が集中しており、富沢遺跡や郡山遺跡等の大規模な埋蔵文化財の存在も区の大きな特徴となっています。

ユネスコ無形文化遺産に登録された秋保の田植踊などの民俗芸能、精好仙台平、柳生の紙漉や秋保工芸の里、石神ゆめの森などで培われている優れた伝統文化・技術を今に伝えるとともに、三神峯公園桜まつり、坪沼の蛍と平家琵琶の夕べ、笊川ほたるまつり、広瀬川灯ろう流し、なかだ篝火コンサート、太白区民まつり、まつりだ秋保、フライハイおいでなど、四季折々に個性あるイベントやまつりが開催されています。

 

プロバスケットボールチームの仙台89ERS(センダイエイティナイナーズ)は、多くのボランティアに支えられ、その活躍は、市民に明るい話題を提供しています。

宮城県【太白選挙区】が抱える課題

従来より、発生が予測される宮城県沖地震や集中豪雨などによる被害を軽減する防災・減災対策の強化が求められており、特に東日本大震災以後は、地域の防災意識や防災力を一層高める必要があります。

「災害に強く、安心で健やかに暮らせるまち」をめざしたまちづくりは恒久的な課題です。

 

人口は緩やかに減少していき、10年前と比較して約0.3%の減少となっています。15歳未満の年少人口および15歳から64歳までの生産年齢人口が減少する一方、65歳以上の高齢人口は大きく増加しており、少子高齢化が急速に進んでいます。

 

そのため、例えば利用者の減少からバス運行の減便・廃止傾向にある地域や、急坂・道路狭あいなど交通の不便な地域においては、公共交通を必要とする高齢者に対する地域に根ざした生活交通を確保する取り組みの拡充などのまちづくりが求められます。

 

こうした、防災対策や少子高齢化対策を十分に見据えた中長期的なまちづくりが課題となります。つい最近も台風19号により、宮城県内で大きな被害を受け、太白区も例外ではありませんでした。

太白区選出の地元県議会議員の皆さんには、ぜひ地元区民のニーズにに応えられるよう、地元市町村や県、国などと一体となって、親身に取り組んでほしいものです。

2019年10月27日その他地域の開票速報・開票結果

2019年10月27日投開票となるその他地域の開票結果は下記のとおりです。

その他地域の開票結果も速報にてお届けします。

  • 橿原市長選挙(奈良県)
  • 吉野川市長選挙(徳島県)
  • 湯川村長選挙(福島県)
  • 湯川村議会議員補欠選挙(福島県)
  • ひたちなか市議会議員選挙(茨城県)
  • 橿原市議会議員補欠選挙(奈良県)
  • 奄美市議会議員選挙(鹿児島県)
  • 吉野川市議会議員補欠選挙(徳島県)
  • 亘理町議会議員選挙(宮城県)
  • 村山市議会議員選挙(山形県)
  • 山元町議会議員選挙(宮城県)
  • 女川町議会議員選挙(宮城県)
  • 宮城県議会議員選挙(宮城県)
  • 参議院議員補欠選挙(埼玉選挙区)(埼玉県)
  • 徳島県議会議員補欠選挙(吉野川選挙区)(徳島県)