県議会議員選挙

宮城県議会議員選挙宮城野選挙区 開票結果速報2019 当選者・立候補者の情勢

本ページでは2019年10月27日に任期満了に伴い投開票となる宮城県議会議員選挙(宮城県議選)2019【宮城野区(宮城野選挙区)】の開票速報と開票結果についてご紹介しています。

宮城県議会議員選挙【宮城野区(宮城野選挙区)】の立候補者名一覧と党派別情勢、当選者と落選者の得票数、NHKの出口調査、投票率など随時記事を更新していきますので参考にしてください。

宮城県議会議員選挙【宮城野区(宮城野選挙区)】2019年の開票結果と開票速報・当選者・NHK出口調査速報

宮城県議会議員選挙【宮城野区(宮城野選挙区)】の開票結果は自治体による開票速報やNHKによる最新の出口調査が入り次第こちらに追記していきます。

氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
石川 光次郎52自民宮城県議会議員
いしかわ みつじろう
堀内 周光43無所属会社役員
ほりうち のりみつ
大内 真理41共産宮城県議会議員
おおうち まり
坂下 康子60無所属宮城県議会議員
さかした やすこ
庄子 賢一56公明宮城県議会議員
しょうじ けんいち
  • 告示日:2019年10月18日
  • 投票日:2019年10月27日
  • 定数 / 候補者数:4 / 5
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:
  • 投票率:
  • 行政区:仙台市宮城野区

宮城県議会議員選挙【宮城野区(宮城野選挙区)】の立候補者一覧の党派別情勢

今回の宮城県議会議員選挙宮城野選挙区には、定数4に対して5人の立候補がありました。

党派別・新旧別の内訳は以下の通りです。

党派現職新人元職
自民党1001
公明党1001
共産党1(1)001(1)
無所属1(1)012(1)
4015(2)

( )内は女性候補者数

 

現職4人、元職1人の戦いとなりました。党派別では、自民1、公明1、共産1、無所属2で、女性候補は2人。

 

前回(2015年)は、定数4に対し5人が立候補し、自民1、公明1、民主1、共産1人が当選しました。最下位当選者の得票数は8,124票、次点は4,571票で、投票率は29.88%でした。

 

前々回(2011年)は、定数4に対し6人が立候補し、自民1、公明1、民主1、みんなの党1人が当選しました。最下位当選者の得票数は6,842票、次点は4,068票で、投票率は31.24%でした。

 

今回は、前回と同じく誰か1人が落選する少数激戦となりました。前回落選した元職の堀内氏の返り咲きがなるかどうかが大きな焦点になりそうです。ただ現状では4人の現職のカベは厚く、情勢は厳しいものと思われます。

 

毎回投票率が低いのが特徴で、今回も前回・前々回並みに30%前後の投票率とすれば、当選ラインは6,500票前後になるものと予想されます。

前回(2015年)の宮城県議会議員選挙【宮城野区(宮城野選挙区)】の開票結果

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
12860石川 光次郎48自民宮城県議会議員
いしかわ みつじろう
10458庄子 賢一52公明政党役員
しょうじ けんいち
8290坂下 康子56民主宮城県議会議員
さかした やすこ
8124大内 真理37共産政党職員
おおうち まり
4571堀内 周光39維新会社役員
ほりうち のりみつ
  • 告示日:2015年10月16日
  • 投票日:2015年10月25日
  • 定数 / 候補者数:4 / 5
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:150,827人
  • 投票率:29.88%

宮城県【宮城野選挙区】の特徴や抱える課題

宮城県【宮城野選挙区】の特徴

宮城県仙台市宮城野区は、仙台市が政令指定都市になるに際し、北東部を分割して設けた区です。区名は水田開発以前にこのあたり一帯の原野を指して呼んだ名称であり、また古来よりの歌枕でもある「宮城野」に由来します。

 

新しい都心として整備の進む仙台駅東地区から特定重要港湾である仙台塩釜港にかけて広がる区域です。東は太平洋に面し、蒲生干潟、長い海岸線を利用した海岸公園、歴史的資源である貞山運河など、多くの海の恵みがあります。

また、七北田川、梅田川等の河川、与兵衛沼等の池沼など豊かな水資源があります。約62平方キロのコンパクトなエリアの中に約19万6千人が住んでいます。

 

なお、2005年に宮城野原公園総合運動場内にある宮城球場を本拠地とするプロ野球球団東北楽天ゴールデンイーグルスが誕生し、多くのファンが来場することにより、新たな賑わいの核の一つとなっています。

宮城県【宮城野選挙区】が抱える課題

太平洋に面している宮城野区では、2011年3月の東日本大震災で震度6強を記録するなど、区内各地域で大きな被害が発生しました。

また東部地域は津波により壊滅的な被害を受け、多くの犠牲者が出ました。

 

区内の蒲生干潟や日本で最も低い山に認定されたことが一時ある日和山が消滅したり、長い海岸線を利用した海岸公園、歴史的資源である貞山運河など多くの海の恵みも甚大な被害を受けました。こうした津波被害を受けた東部沿岸地区の復興も今も続く課題として残されています。

 

この東日本震災を踏まえ、津波被災地域をはじめ区内全域において、減災に向けた取り組み、住まいや生活の再建に向けた各種施策を推進するほか、仙台港地区の復興支援、農業やエネルギー等に関する新しいプロジェクトの展開などにより、将来に向けた新たなまちづくりを推進していくことが最大の課題です。

近い将来に発生が確実視される宮城県沖地震や津波、大雨などによる被害を最小限にとどめるため、地域防災力の向上、民間住宅等の耐震対策の支援など、災害に強いまちづくりの促進が求められます。

 

一方、宮城野区内の高齢化率は仙台市内で最も低くなっており、将来的にもこの傾向が続くことが見込まれます。

 

ただ、地域によっては、新田東地区、岩切地区など若年層の人口が急増している地区もあれば、鶴ケ谷地区など高齢者の割合が非常に高い地区もあり、バラつきが見られます。総じて、今のところ他地域でよく見受けられる「少子高齢化」の心配がない「若い区」といえるだけに、この強みを大いに生かしたまちづくりが望まれます。

 

宮城野区の地勢的状況や都市化の進展により、降雨時に内水被害が起きる恐れが高い地区があり、実際最近の台風15号により大きな被害を受けました。

新議員の皆さんにもぜひ、恒久的な防災・復旧対策に、地元区民・行政、県、国と協力して親身に取り組んでほしいものです。

2019年10月27日その他地域の開票速報・開票結果

2019年10月27日投開票となるその他地域の開票結果は下記のとおりです。

その他地域の開票結果も速報にてお届けします。

  • 橿原市長選挙(奈良県)
  • 吉野川市長選挙(徳島県)
  • 湯川村長選挙(福島県)
  • 湯川村議会議員補欠選挙(福島県)
  • ひたちなか市議会議員選挙(茨城県)
  • 橿原市議会議員補欠選挙(奈良県)
  • 奄美市議会議員選挙(鹿児島県)
  • 吉野川市議会議員補欠選挙(徳島県)
  • 亘理町議会議員選挙(宮城県)
  • 村山市議会議員選挙(山形県)
  • 山元町議会議員選挙(宮城県)
  • 女川町議会議員選挙(宮城県)
  • 宮城県議会議員選挙(宮城県)
  • 参議院議員補欠選挙(埼玉選挙区)(埼玉県)
  • 徳島県議会議員補欠選挙(吉野川選挙区)(徳島県)