県議会議員選挙

宮城県議会議員選挙泉選挙区 開票結果速報2019 当選者・立候補者の情勢

本ページでは2019年10月27日に任期満了に伴い投開票となる宮城県議会議員選挙(宮城県議選)2019【泉区選挙区】の開票速報と開票結果についてご紹介しています。

宮城県議会議員選挙【泉区選挙区】の立候補者名一覧と党派別情勢、当選者と落選者の得票数、NHKの出口調査、投票率など随時記事を更新していきますので参考にしてください。

宮城県議会議員選挙【泉区(泉選挙区)】2019年の開票結果と開票速報・当選者・NHK出口調査速報

宮城県議会議員選挙【泉区(泉選挙区)】の開票結果は自治体による開票速報やNHKによる最新の出口調査が入り次第こちらに追記していきます。

氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
小渕 洋一郎64無所属元利府町議
おぶち よういちろう
桜井 正人60無所属元利府町議
さくらい まさと
安部 孝63無所属元県議会議長
あべ たかし
  • 告示日:2019年10月18日
  • 投票日:2019年10月27日
  • 定数 / 候補者数:5 / 6
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:
  • 投票率:
  • 行政区:仙台市泉区

宮城県議会議員選挙【泉区(泉選挙区)】の立候補者の党派別情勢

今回の宮城県議会議員選挙【泉選挙区】には、定数5に対して6人の立候補がありました。党派別・新旧別の内訳は以下の通りです。

 

党派現職新人元職
自民党201(1)3(1)
公明党1001
立憲民主党01(1)01(1)
共産党1001
41(1)1(1)6(2)

( )内は女性候補者数

 

現職4人、新人1人、元職1人の戦いとなりました。党派別では、自民3、公明1、立憲1、共産1人で、女性候補は2人。

 

前回(2015年)は、定数5に対し10人が立候補した大激戦となり、自民2、公明1、共産1、無所属1人が当選しました。最下位当選者の得票数は6,949票、次点は6,569票で、投票率は36.14%でした。

 

前々回(2011年)も、定数5に対し8人が立候補した激戦で、自民2、公明1、民主1、無所属1人が当選しました。最下位当選者の得票数は6,996票、次点は6,667票で、投票率は35.69% でした。

 

今回は、誰か1人が落選する少数激戦となりました。前回時点で惜敗して返り咲きを狙う自民の元職外崎氏と立憲の新人小畑氏の女性同士の戦いが注目されます。もともと立憲が強い地域だけに、旧民主の議席を引き継ぐ形の小畑氏の方が、自民党3議席目を覗う外崎氏よりも有利な情勢にあるといえます。

 

前回・前々回とも激戦の割には投票率が30%台半ばと低く、今回もほぼ同様の投票率とすれば、当選ラインは7,500~8,000票前後になるものと予想されます。

前回(2015年)の宮城県議会議員選挙【泉区(泉選挙区)】の開票結果

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
11994鎌田 さゆり50無所属無職
かまた さゆり
9558中嶋 廉62共産政党役員
なかじま れん
9323伊藤 和博56公明宮城県議会議員
いとう かずひろ
7042遠藤 隼人36自民無職
えんどう はやと
6949庄田 圭佑31自民無職
しょうだ けいすけ
6569外崎 浩子55自民宮城県議会議員
とのさき ひろこ
5885菅原 実66民主宮城県議会議員
すがわら みのる
1991大庭 雅寛43無所属無職
おおば まさひろ
1956大久保 三代39無所属社会福祉士
おおくぼ みよ
957熊谷 敏彦36元気団体代表
くまがい としひこ
  • 告示日:2015年10月16日
  • 投票日:2015年10月25日
  • 定数 / 候補者数:5 / 10
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:174,664人
  • 投票率:36.14%

宮城県【泉選挙区】の特徴や抱える課題

宮城県【泉選挙区】の特徴

宮城県仙台市泉区は、仙台市北部に位置し、区名の由来となった泉ケ岳のふもとに東西に長く広がる、自然環境に恵まれた区域です。

1960年代から区域東南部の丘陵地で住宅開発が進み、以後、区の中央を流れる七北田川を挟んだ丘陵部を中心に、大小の住宅団地が形成されました。

面積は約146平方キロで人口は約21万3千人。1989年の区制施行後、泉区の人口は約7万人増加しており、仙台市の人口増加数のおよそ4割を占めています。

 

区の北端には工業・流通団地などとして、泉パークタウンインダストリアルパーク、サイエンスパークおよびソフトパークが立地し、先端産業をはじめとする企業が集積しています。大規模製造業(自動車・半導体関連)生産拠点の立地により、雇用の促進と定住者の増加が期待されています。

宮城県【泉選挙区】が抱える課題

泉区では、2017年度以降から人口が減少傾向にあり、特に65歳以下の人口が減っています。

15歳未満の年少人口と15歳から64歳までの生産年齢人口が減少する一方、65歳以上の高齢人口が大幅に増加しており、高齢化が急速に進行するとともに、少子化などに伴う人口減少が見込まれています。

高齢人口は区内ほぼ全域で大幅に増加しており、年少人口や生産年齢人口が増加しているのは北部拠点地域のみです。西部田園地域の高齢化が進んでおり、丘陵住宅地域においても高齢化が加速していくものと予想されています。従って、少子高齢化対策を踏まえた中長期的な視点に立ったまちづくりが必要になります。

 

また、広域拠点としてのさらなる求心力の向上のため、魅力ある都市機能の集積と賑わいの創出が求められています。住宅団地の開発に伴い整備された道路、公園などの生活基盤が経年化しており、適切な維持・改修が求められています。

 

そして、災害に強く、犯罪・事故の少ない「安全・安心のまち」を目指して、特に日頃から地域ぐるみで地震や台風などの災害に備えるなど、高い地域防災力をさらに強化していくことが課題となります。

 

東日本大震災やつい最近も台風19号で大きな被害を受けました。防災及びその復旧対策については特に、新議員の皆さんにも地元の区民・行政、県・国とも協力して真摯に取り組んでほしいものです。

2019年10月27日その他地域の開票速報・開票結果

2019年10月27日投開票となるその他地域の開票結果は下記のとおりです。

その他地域の開票結果も速報にてお届けします。

  • 橿原市長選挙(奈良県)
  • 吉野川市長選挙(徳島県)
  • 湯川村長選挙(福島県)
  • 湯川村議会議員補欠選挙(福島県)
  • ひたちなか市議会議員選挙(茨城県)
  • 橿原市議会議員補欠選挙(奈良県)
  • 奄美市議会議員選挙(鹿児島県)
  • 吉野川市議会議員補欠選挙(徳島県)
  • 亘理町議会議員選挙(宮城県)
  • 村山市議会議員選挙(山形県)
  • 山元町議会議員選挙(宮城県)
  • 女川町議会議員選挙(宮城県)
  • 宮城県議会議員選挙(宮城県)
  • 参議院議員補欠選挙(埼玉選挙区)(埼玉県)
  • 徳島県議会議員補欠選挙(吉野川選挙区)(徳島県)